はかりの新製品情報
定量詰めをお手伝いする秤

     秤を使う場面を考えると以下の2つではないかと思います。
      1つはあるものがどれだけの重さがあるのか知りたい場合。
      1つはある一定の量ずつ量りたい場合。

     今回は後者の定量計量について、便利な秤がございますのでご紹介します。


その秤とは「大和製衡製UDS−1VU−WP」です。
防水性能IP68で完全防水はかりと謳われています。


それでは定量計量を始めましょう!
@ はかりに設定をする

  今回は100gずつ計量する場合でお話します。
  秤の設定を終えると
  表示が−100g(マイナス100グラム)を示しています。
  これが後々びっくりすることに。

A 風袋引きをする

  容器ごと量る場合はまず風袋引きから。
  当然風袋引きをしても表示は「−100g」のまま。
  変わりません。
  
  この秤は自動で風袋引きをするよう設定もできます。

B 計量を始めると

  表示をご覧ください。
  本来は増えていくはずの表示がゼロになりました。
  ゼロ地点で内容量は100gだということがわかります。

  作業は何g量るなど考えず、ゼロになるように物を載せて
  いけばよいのです。これまでのように計算しながら載せる
  苦労はなくなりましたね。

C 計量物を秤からおろすと

  自動的に表示が−100gに戻ります。
  以後Aからの繰り返しになります。
  重さを意識せず、ゼロになるように計量してください。



従来の秤では表示の数字が増えるので、定量からあと何g足すのか逆算する必要がありました。
このため計算ミスやそのストレスもあったのではないかと思います。
UDS−1VUでは表示した数字が足りない重量となります。
とにかくゼロになるよう計量していただくだけでよいのです。

UDS-1VU-WPは当SHOPで好評発売中
 その他の秤も多数掲載中
TOPに戻る
新製品情報
Welcome to Our Company
PRODUCTS