第12回 はかりの拡張性の話(2) 無線通信プリンタ
はかりとプリンタが無線対応になりました。ケーブルを気にすることなく使用することができます。 

第11回 ひょう量・目量で2度おいしい デジタル秤の話(3)
ひょう量が切替えられるデジタル秤が3倍おいしくなりました。台秤編。

第10回 ひょう量・目量で2度おいしい デジタル秤の話(2)
ひょう量が切替えられるデジタル秤が3倍おいしくなりました。天びん編。

第9回 ひょう量・目量で2度おいしい デジタル秤の話(1)
ひょう量が切替えられるデジタル秤は実は2倍おいしいのです。

第8回 はかりの拡張性の話 デジタルの可能性について
はかりもデジタル化して、その使い方に広がりが出てきました。その技術面での話を。

第7回 分銅を使いましょうの話
はかりを検査するなら、重さの基準を持ったほうがやり易いのです。それが貴社の基準にもなります。
重さの基準・分銅を選ぶポイントをご紹介いたします


第6回 今日からやろう!秤の検査の話
定期検査は2年に一度。そんなに狂うものではないけれど、ちょっと不安。
ならばご自身で検査するのはどうですか。誰でもカンタンに行っていただける、検査方法をご紹介します。


第5回 検定付き、検定なしって???の話
前回定期検査の話をしましたので、今回はそれに対応する秤たち「検定付き(特定計量器)」について解説します。

第4回 むずかしくないよ、とても大事な定期検査の話
定期検査。知ってる人は守ってる、でも知らないで(よく理解しないで)秤を使っている人がいらっしゃいます。悪気はないのでしょうが、その行為が結局お会社に損させているとしたら、どうお考えになりますか?

第3回 秤(はかり)の選び方の話
はかりをお選びになるときにまず考えていただきたいことを何点かご紹介します。
ちょっと参考になると思います。専門用語がいくつかありますが、ご容赦ください


第2回 リベンジ!デジタル。高精度、高機能。の話
前回、デジタルでは不可能なカンの世界をご紹介しました。
しかしやっぱりデジタル。便利な世界をご紹介します。


第1回 デジタルもカンには、適わなかった話
時代はデジタル。多くの商品があふれています。
しかし「はかり」の世界では、それがよいとは限らない場合があるのです。


 TOPに戻る
 
新製品情報
Welcome to Our Company
はかりのいろいろ話 目次
当社が営業中に出会ったいろいろなはかりの話を紹介していきます。
いつか/そのとき皆様のお役に立つと思います。
PRODUCTS
リストマーク