Welcome to Our Company
今回は秤(はかり)の選び方についてご説明します。皆さんいろいろなニーズから秤をお選びになるのでしょうが、そのニーズを整理して購入を検討していただきたいことがあります。当社で営業を始めた社員には必ず教えることがあります。

    小型電子天秤から大型トラックスケールまで基本的に選び方は変わりません。
 
「秤がほしい」とおっしゃるお客様に先ずうかがうように徹底していることがあります。それは以下3つ。
1.秤量(ひょう量):何kgまで量りますか?
 「ひょう量」とは量りたい最高量ですが、できるだけ余裕があるほうが良いと思います。
  例えば吊って量る「吊りはかり」では衝撃があるため希望量の倍のひょう量をお勧めしています。
2.目量(めりょう):何g刻みで見ますか?
 「目量」は精度を表し、何g刻みで見たいかを決めます。ただ見たい量よりも1ケタ細かい方がより
  正確に判断できるので、10gほしいなら目量1gの秤を、1gほしいなら0.1gの秤をお勧めしています。
3.積載面の大きさ:計るものはどれくらいの大きさになりますか?
 「積載面」は量りたいものより大きいほうがよいです。秤があまり小さいと載せた物が反ってしまい、
  偏加重がかかり、正しい値が出ない場合があります。
(反りを防ぐため台の上に板を敷くという方法もあります)

それらがわかれば、必要とされる秤をある程度限定することができます。

実は、秤のほとんどは計量法という国の法律で定められた規格(検定)に基づいて作られているからです。
検定では「目量」は「ひょう量」の1/1000〜1/3000が目安となります。
 それ以上の高精度秤もありますが、(一部を除き)定められた規格以外=検定外となります。
 積載面はどのメーカーも横並びで、ひょう量が大きくなるにつれ、サイズも大きくなる傾向です。
 もちろんこれら以外のはかりも、別製作でご用意しています。
 
        これらを踏まえて
4.「何を(どのように)量りますか?」 と聞くようにしています。
本来はお客様に何を量るかを具体的に教えていただくことが第一なのでしょうが、
当社の過去の経験も加味してお互いにより良いものが提供できるよう、必ず先のの3点からお客様にアプローチします。
5.計る物によってその他の特長を加えます。
 ・デジタルorアナログ デジタルは液晶、アナログはさお秤や針式
 ・量が大きい→台秤、小さい高精度→天秤
 ・水産業や水回りで使う→防水型など
 ・検定付き/検定なし ※1   
以上をご参考に秤を選んでみてください。当社HP 重さで探す

※1 検定付/なしとは、商取引で使用する秤では気をつけてください。お仕事で量り売りをしていて内容の重量証明する、保証する(これだけ重さがありますと証明する)なら必要です、社内検査などの場合は該当しません詳しくは第5回で
 TOPに戻る
秤の選び方 教えますの話
PRODUCTS
第3回
新製品情報
リストマーク